カテゴリー「アオリイカ」の4件の記事

内房保田海岸沖のアオリイカ

2007年8月11日(土)大潮
内房保田海岸からマイボート
釣果:アオリイカ(胴長)25㎝1杯、マルイカ(胴長)18㎝1杯
釣り方:リールシャクリ
仕掛け:中オモリ8号、サキイト=4号4.5m、エギ=3.5号(ピンク)
タックル:竿=Daiwa LEADING-XA64 Type III、リール=Daiwa AIRD 100R
P81100040004今回は、酒田さんをパートナーに 2日連続でマイボートによる釣行となった。
仕事を終えて大急ぎで保田漁港に到着し酒田さんと合流し、午後3時からさっそく釣り開始。
ポイントまでは、ほんの5分程度の距離。海況は凪ながらもちょっと風が強い。風に煽られて船は、0.5~0.9ノットで流れてしまう。何とか操船しながらミチイトを立ててシャクリを繰り返す。
普段なら根気が続かないが今日は、パートナーがいるのでワイワイと騒ぎながらシャクリ続けるがなかなかアタリがない。
4時半になり日が傾きかけ、そろそろ頃合かと思わせるようになったその時、何やらモゾモゾとエギを触る感触が伝わってきた。エイとシャクリ上げるとズシッとした手ごたえが伝わってきた。
本日の本命アオリイカは、時たま抵抗を見せたが簡単によってきて無事に酒田さんが差し出すタモに納まるかに思えたが、水面すれすれのところで船べりにペッタリと張り付いてしまった。
以前もこれでばらしてしまったが、今回は手を差し出せば届きそうな場所。充分にタモも届く範囲。二人で悪戦苦闘しながら何とか船から剥がしゲットすることができた。
さあこれからだ。と気合が入る二人だったがその後は全くアタリがなくなった。いつもアオリに嫌われてしまう酒田さんは、少しでも長く続けたい様子だが辺りがだんだんと暗くなり始め操船に自身のない私は、完全に暗くなる前に帰りたい。
暗くなり始め船の航海灯が明るく感じられるようになってきた18時過ぎに又も私にアタリ。しかし、今度は明らかに小さい。上がってきたのはマルイカ。
その後、さらに粘ったが、追釣はならず、保田漁港へ。
その晩は、釣った2杯のイカを肴に宴会し盛り上がり翌日へ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

南総洲崎沖のイサキ&アオリイカ

2007年5月3日(木)大潮
南総洲崎栄ノ浦港甲子丸
釣果:イサキ20~25cm8匹、ウマヅラハギ30~35cm4匹、カサゴ30㎝1匹、アオリイカ(胴長)20㎝500g2匹
釣り方:ビシ釣り、リールシャクリ
エサ:オキアミ、イカタン
タックル:(ビシ)竿=Daiwa LEADING-Xネライ210S、リール=Daiwaシーボーグ300FB
(リールシャクリ)竿=Daiwa 極鋭ゲーム 195マルチ、リール=DaiwaAIRD100R
仕掛け:(ビシ)ビシ60号、ハリス2号、3本針
(リールシャクリ)中オモリ8号、サキイト=4号4.5m、エギ=3号(オレンジ)
20070503_30003GWシリーズ第3段として洲崎から甲子丸を仕立てて旬のイサキと最近ハマッているアオリイカ狙いで釣行した。
今回は、アオリがメニューに入っているため午後出船。また、釣りサークルの企画でもあり同行者は、いつもの3名。わいわいと出船。
ポイントは、洲崎灯台の真沖。水深は45~50mくらい。このところ好調と聞いていたが、釣行日は、底潮が低下したため魚の活性が極端に低い。コツコツと言う当たりはあるものの針掛りしない状態が終日続いた。
当然、釣果は伸びず。最高でも森さんの12匹と言う結果。途中からウネリも高くなり船酔い気味になってしまった。
17時になりイサキを終了しアオリイカ狙いに切り替えた。ポイントは、栄ノ浦港近くの水深15~20mくらい。参加者のほとんどが初挑戦。
それぞれ道具をそろえての参加だったが、こちらも激渋。薄暗くなり始めそろそろ沖上がり近くになった頃、ようやく私の竿にヒット。500gくらいのアオリイカをゲット。
数投後に同サイズが掛ってきた。船長にも来て。船中3杯。しかし、他のメンバーには、アタリがない。皆、エギの扱いに慣れていないのが原因か?半信半疑にシャクッている。
もう暗くて糸が見えにくくなり始めた頃、ようやく森さんにヒット。初アオリをゲットでめでたく終了となった。
200705030004夜の宴会で食したが甘みがあり最高に美味であった。暗くなるまで粘ってくれた船長に感謝したい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

内房保田沖のアオリイカ釣り

2007年3月17日(土)中潮
内房保田海岸からマイボート
釣果:アオリイカ胴長20~25㎝2杯
釣り方:リールシャクリ
仕掛け:中オモリ8号、サキイト=5号4.5m、エギ=3.5号(金)
タックル:竿=Daiwa 極鋭ゲーム 195マルチ、リール=DaiwaAIRD100R

白浜での釣行を終えて保田に移動。今回は、翌日にマイボートでの釣行を計画していた為だった。保田で釣り仲間の酒田さんと合流。翌日の予行演習と言う事で短時間の釣行を試みることに。
狙いはアオリイカ。酒田さんはリールシャクリ初体験。私も1月に続いて2回目の挑戦。
午後から天候はすっかり回復し、凪状態の中、出航し前回のポイントへ到着。二人ともリールシャクリは不慣れな為、あれこれと言い合いながらの釣行。一人だったらすぐに諦めてしまうところだが仲間がいると根気が違う。
小一時間しゃくっているとガツンとしゃくりあげの途中で竿が止まった。グイグイと抵抗しながら上がってきたのは本命のアオリ。二人ともこれで釣れると確信しなおも粘る。
すると又もガツン。今度は先ほどよりも大きな様子。抵抗をかわして先糸をつかんで取り込み体勢に入ったとたん獲物が船の底に張り付いてしまった。イカ釣りの取り込みの基本的な注意を舞い上がって忘れていたための失敗。こうなるとどうしようもない。強引に引っ張ると足だけが付いてエギを回収。足だけでも大物であったことが判別できた。
もう薄暗くなってきたので最後の一流しと決めてしゃくっているとまたも当たりがあり今度は慎重に取り込み2匹目をゲット。暗くなって糸が見えづらくなってきたので翌日に期待し帰港した。
車泊となった、夜は新鮮なアオリでビールも進み大いに盛り上がり就寝。
ところが翌日は、大風。本日から合流の梅沢さんと3人で出航したものの釣りにならづ、早々に引き上げる羽目になってしまった。

二日目は残念な結果となってしまったが、2時間で釣果2杯、バラシが2回と魚影は、濃そう。今後に期待することにする。

P31700030003 釣ったアオリはさっそく酒田料理長によって、つまみとなった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

内房保田~岩井海岸沖のボート釣り

2007年1月10日(火)小潮
内房保田海岸からマイボート
釣果:アオリイカ1.2㎏(胴長30㎝)1杯、368g(胴長20㎝)1杯、シロギス18~22㎝3匹

P10100090009_1今年の初釣りは、マイボートでのボート釣りとなった。初釣りでもあり釣果を得たい気持ちもあったが、マイボートのメインゲレンデである保田海岸の各ポイントをじっくり調査する事に重点を置いた。
一応の目標は、先ずアジを釣り、それを泳がせヒラメ、マゴチ狙いとした。また、アジが釣れないときの保険としてシロギスも狙える準備をしておく事とした。
釣行日は、時化後の凪で気持ちよく晴れ渡り気温も上昇し、釣りやすい日和であった。
計画通り最初は、アジの反応を探し金谷方面へボートを進めると次々に反応が現れた。用意した仕掛けは、サバ皮のサビキ仕掛け。コマセを使わないショットガン釣法で反応めがけ仕掛けを落とすが、全く食わない。小一時間繰り返し仕掛けを落とすが全くダメ。
今回もアジには嫌われてしまった様子。それでは、シロギスを調達しようと仕掛けを変更。すぐにビビと当たりがありエサにはちょうどいいピンギスが釣れた。しかし、その後が続かない。
岩井海岸まで足を伸ばしてエサの調達を試みたが、結局、3匹だけしか確保できなかった。エサが少ない事に不安を持ちながらも泳がせてみるが当たりはない。しかし、場所移動のため仕掛けを上げると貴重なキスが頭だけとなっている。
エサが確保できないので当初の計画は、破綻し狙いをカサゴに変更。再び保田海岸へ戻り根の上で仕掛けを投入。ところが、潮が全く動かない「凪倒れ」状態。ボートは、一点で静止し流れていかない。
いよいよ、追い詰められ困り果てた。本日用意したエサはサバの切り身と冷凍イワシと青イソメ。オキアミはないし、アミコマセもない。タックルもライトで深場用のオモリは抱けない。
しかたなく、諦め気分でアオリイカに狙いを変更しポイント移動。エギを投入しながらシロギスに変わってトラギスをエサに泳がせを続けることに。
悲惨な初釣りとなってしまったななどと思いながらエギをシャクルとズシッとした重みが。根掛り?と次に走り出した。来た~。前回はここでバラしまったが、今回はしっかりかかっている様子。初めてアオリとのやり取りとなったが、よく聞くように魚の様な引き込みを見せている。しかも、結構良型。重みがある。
慎重にやり取りし糸を手繰ると海面にまさしくアオリイカが上がってきた。タモ入れも成功しようやく船上に上げて一人大喜び。魚探にマークするのを忘れてなぜか船の清掃を始めてしまうほど興奮してしまった。初めて仕留めたアオリイカは、後計で1.2㎏。
その後、2箇所ほど移動し、沖上がりの時間が近づいたので再び最初に釣れたポイントに戻り仕掛けを入れるとまたもズシっと乗り、今度は先ほどよりずいぶん小さめながら2匹目をゲット。ここで時間となり初釣り終了となった。
最後に(沖上がり2時間前)、起死回生のアオリが来なければ悲惨な初釣りとなるところだった結果オーライで大満足の釣行であった。

P10100060006

最初は金色。次にピンクにヒットした。

| コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

2002年度以前 | 2003年度 | 2004年度 | 2005年度 | 2006年度 | 2007年度 | 2008年度 | 2009年度 | 2010年度 | 2011年度 | 2012年度 | 2013年度 | へダイ | アオリイカ | アカイカ | アカムツ | アコウダイ | アマダイ | イサキ | イシガキダイ | イシガレイ | イシダイ | イズスミ | イナダ | ウマズラハギ | ウミタナゴ | オニカサゴ | カイワリ | カサゴ | カワハギ | カンコ | カンパチ | キダイ | キンメダイ | クロソイ | クロダイ | サバ | サヨリ | サンノジ | シマアジ | シロギス | スルメイカ | ソーダガツオ | タチウオ | チダイ | ハイドロテラニウム | ヒラマサ | ヒラメ | フッコ | ホウボウ | ボラ | ボート釣り | マアジ | マガレイ | マコガレイ | マゴチ | マダイ | マダコ | マトウダイ | マハタ | マルアジ | マルイカ | ムツ | ムロアジ | メジナ | メジマグロ | メダイ | メバル | モンゴウイカ(カミナリイカ) | ヤリイカ | ワラサ | 三宅島和田磯 | 三浦半島久里浜港ムツ六丸 | 伊豆大島 | 八丈島 | 内房保田港東丸 | 内房富津金谷沖 | 内房富浦沖 | 内房鋸南保田沖 | 内房鋸南勝山港利八丸 | 内房鋸南岩井海岸 | 南総千倉あどう下の磯 | 南総千倉大波崎 | 南総千倉川口のプール下 | 南総千倉川口の一本橋 | 南総千倉川口の磯 | 南総千倉平磯 | 南総千倉白間津の磯 | 南総千倉白間津アワジ | 南総千倉白間津ポンプ | 南総千倉白間津港松大丸 | 南総千倉白間津港海正丸 | 南総千倉白間津港甚四郎丸 | 南総和田港吉栄丸 | 南総和田港美智丸 | 南総和田港美由丸 | 南総富浦新港酒井丸 | 南総洲崎栄ノ浦港甲子丸 | 南総白浜乙浜土屋磯 | 南総白浜乙浜港口 | 南総白浜乙浜港海人丸 | 南総白浜乙浜港潮浦の磯 | 南総白浜小戸港 | 南総白浜野島東港 | 南総館山湾 | 南総館山船形漁港和丸 | 南総館山船形漁港和幸丸 | 南総館山西川名港竜一丸 | 外房勝浦勝浦港 | 外房勝浦浜行川 | 外房天津小湊港伊豆丸 | 外房小湊寄浦小沢丸 | 宮城亘理荒浜港千代丸 | 新潟県直江津港八坂丸 | 旅行 | 東京湾久里浜沖 | 東京湾剣崎沖 | 沖釣り | 温泉 | 磯釣り | 福島県富岡港長栄丸 | 茨城県日立久慈港龍翔丸 | 茨城県日立港第五埠頭内日立丸 | 西伊豆宇久須港大和丸 | 釣り | 静岡県沼津港勘七丸